前立腺肥大症のDHTを抑制する前立腺肥大症の効果

前立腺肥大を抑制する作用をするノコギリヤシの効果

前立腺肥大 ノコギリヤシ 効果

前立腺に良いいといわれるノコギリヤシ
以前から前立腺に良いという様々なところで
宣伝されているノコギリヤシ!

 

ノコギリヤシとは何かという点と効能、
そして研究内容や副作用について調べてみます。

 

ノコギリヤシとは何かという点についてです。

 

インディアンたちが食べた果物、ノコギリヤシ
ノコギリヤシは伝統的にインディアンたちがたくさん摂取していた実です。

 

インディアンたちは泌尿生殖器に関連するな問題が発生した際、
マヤ人から聞いた強壮剤として、ノコギリヤシの実を好んで食べたそうです。

 

このようなノコギリヤシがヨーロッパ人に広く知られたきっかけは、
前立腺肥大症(BPH)に対するその効果からです。

 

このほかにも脱毛や多嚢胞性卵巣症候群など
性ホルモン異常による疾患に効果があると言われています。

 

しかしノコギリヤシの最も核心的な効能は前立腺肥大症改善
に対する効果であり、その内容については
調べなければならないことが多くあります。

 

ノコギリヤシとは?

 

ノコギリヤシは米南東部海岸街で自生するヤシの木の(Serenoa repens)で、
医薬品としては主にその実が用いらています。

 

ノコギリヤシの木は高さが2〜4mほど大きくありません。
非常にゆっくり成長する代わりに大変長生きで、フロリダには
樹齢500歳〜700歳のノコギリヤシの木があるそうです。

 

ノコギリヤシの実は様々な脂肪酸と植物性ステロールが
とても豊富に含まれています。

 

前立腺肥大症(benign prostatic hyperplasia)は、尿がちゃんと出ない、
尿の勢いが弱くなる、などの症状を主する泌尿器疾患です。

 

その原因と症状が非常に多様ですが、現在は50歳以上の男性で
「1日8回以上小便をする頻尿」「夜間頻尿」
「突然強い尿意を感じ我慢できない」などの蓄尿に関する症状と、
「排尿時にいきむ必要がある」「尿の勢いが弱く地中で途切れる」など
排出障害に関する症状などの下腹部尿路症状の訴え通称、にて
前立腺肥大症を定義しています。

 

簡単にういと50歳以上の男性に現れる、排尿のコントロールが
できない症状だともいえます。

 

発病率は50歳以上の男性で60〜70%と、
殆どの男性が経験する疾病です。

あなたのサプリメントは大丈夫ですか?

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

Sponsored Link

関連ページ

前立腺肥大になる前にノコギリヤシ効果を活用
ノコギリヤシは今、前立腺肥大症に対する効果が期待されています。ノコ ギリヤシの効果効能、そして研究内容や副作用についてお伝えします。 ノコギリヤシの実は様々な脂肪酸と植物性ステロールが多く入っています 。前立腺の健康に効果が期待できます。
前立腺肥大症に効果的なノコギリヤシとリコピン
ノコギリヤシが様々な要素にてBPHの症状を軽減させると述べていますが、それら要素の中で最も重要とされているのは前立腺細胞の増殖原因となる多様なホルモンをコントロール可能だという部分です。