検査(医師との面談後、症状の確認)

医師との面談聞き取りによる症状の確認

マルチプレックスPCR法,検査

前立腺、前立腺炎とは?

 

前立腺は、男性の膀胱のすぐ下にある
それほど大きくないの生殖に関連した器官です。

 

前立腺は炎症が生じた場合、泌尿器、生殖器、骨盤に症状がでます。

 

すべての男性の約半分は一生に一度は経験する疾患で、
泌尿器科を訪れる訪れる理由として最もありふれたものの一つです。

 

前立腺検査

 

医師との面談(聞き取りによる症状の確認)

 

1.泌尿器科の初訪問の時期、初期症状
2.性関係後の症状が始まったのかどうか
3.どのような検査をしたのか、検査結果はどうだったか
4.治療はどのように行われ、完治の判定がされたかどうか
5.治療後の再発はなかったのか、また後遺症や症状が現れたのか
6.他の検査、治療を受けたことがあるのか
7.最も最近での主な症状、治療、治療方法、服用薬など

 

泌尿器科専門医が教える-前立腺炎の症状から治療まで

 

検査(医師との面談後、症状の確認)

 

1.基本問診 : 前立腺問診
2.前立腺炎基本検査:前立腺触診・
前立腺液+精子内細菌検査(遺伝子、細菌培養検査)
3.追加検査:前立腺の超音波検査(前立腺肥大の疑いのある場合)、
尿道の内視鏡検査(尿道症状の疑いのある場合)

 

 

前立腺炎の症状

 

1.排尿症状:頻尿、急な尿意、夜間頻尿、残尿感
2.痛み・不快感が出る箇所:会陰部、
陰茎、陰嚢、睾丸、下腹部、肛門周囲
3.性機能障害:勃起力の弱体、性欲減退、早漏症、性交中の痛み

 

非細菌性前立腺炎

 

1〜2週:薬物治療(抗生物質)
3〜8週:細菌性前立腺炎と同じ方法で治療
その他:神経抑制、前立腺レーザー、TUNA治療
難治性:複合混在療法

 

細菌性前立腺炎

 

1.急性細菌性:3週間
2.慢性細菌性:6〜8週間

 

薬物治療=原因菌に対する適切な抗生剤+
前立腺透過力の高い薬物
複合治療=薬物治療+食餌療法+前立腺触診+物理治療
再発治療=菌がなくなっていない場合、
マイナス薬物耐性の検査(原因菌耐性のない薬物治療の再実施)

 

■前立腺炎の治療期間

 

一般的治療期間:2ヵ月以上

 

複合治療での期間:1ヵ月前後
1.治療期間の短縮
2.薬物服用の短縮
3.当日または2〜3日で症状好転
4.通院回数の減少(2週間隔、2〜3回の訪問で完治)

 

PCR法/マルチプレックスPCR法

 

PCR法
NAのある一部分だけを選択的に増幅させる(感染の有無、
感染菌の種類判断)-非細菌性前立腺炎

 

マルチプレックスPCR法
数十種類の菌の検査(多くの種類の菌を少ない時間と
費用で検査)-細菌性前立腺炎+尿道炎、膣炎

 

前立腺炎治療時の注意事項

 

1.温水座浴による骨盤の血液循環促進、
薬物透過の補助(治療効果の上昇)
2.長い時間座らない(骨盤、筋肉の弱体化)
3.前向きな心持ち(交感神経亢進)

 

前立腺に良い食べ物、または有害な食べ物

 

1.辛い食べ物は刺激が強いため避けたほうが良いでしょう。
2.コーヒー及び炭酸飲料は望ましくありません。
3.治療期間の間は絶対禁酒が必要です。
4.食事は食べ過ぎないようにしましょう。
5.煮た野菜、果物の摂取、水十分摂取するよう心がけましょう。
6.ビタミンA、C、E、ベータカロチン、セレニウムなどを摂取し、
治療をアシストしましょう。

あなたのサプリメントは大丈夫ですか?

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

Sponsored Link

関連ページ

必ず精密な検査と診断が必要な前立腺肥大症
前立腺肥大症の検査の種類・直腸触診検査・超音波検査・腎臓の機能検査・前立腺特異抗原検査・尿速度の検査、その他にも、膀胱・尿道の内視鏡検査、症状の成績表など、精密な検査過程によってできるだけ正確に原因を究明した後、最適の治療法を探すことになります。