前立腺肥大症、周期的な検査で予防しよう

前立腺肥大症の検査を受けて前立腺の健康状態に関心を持ちましょう

前立腺肥大,検査

前立腺肥大症の場合、症状に対する詳しい問診と
精液を収集しての検査によって、
前立腺の大きさや固さの程度を把握し、小便や血液検査をによって
腎臓機能や尿路感染の有無を検査します。

 

必ずではありませんが、前立腺がんの可能性もあるために、
これを調べるための、前立腺特異抗原数値(PSA)検査を
共に実施したりもします。

 

 

また必要に応じて、排尿出口の閉鎖の有無および
程度を調べるため、排尿を見ながら機械的にその勢いを
計測したり、排尿後、膀胱内に残っている
残尿量を測定したりします。

 

最後に、より客観的で正確な評価のため前立腺を通った
精液の超音波検査や、内視鏡で実際の前立腺の
肥大化の程度と膀胱内部を見るために
膀胱の内視鏡検査などを行います。

 

 

知っておきたい前立腺の基礎知識

 

前立腺は膀胱下部にあり、尿道を取り囲んでいる
クルミの実程度の器官で、男性だけに存在し、
精子の一成分を生成しています。

 

この前立腺に発生しうる疾患としては、40代以前の若い
年齢層では前立腺炎があげられ、それ以降であれば、
前立腺肥大症、前立腺がんがあげられます。

 

知っておきたい前立腺肥大症の基礎知識

 

人は年齢を重ね、老化が進むことによって組織内の
水分が減少し、組織の体積が小さくなることで
、弾力を失っていきます。

 

ところが前立腺は、40歳以降、年齢を重ね老化が
進行することで、むしろますます大きくなってきます。

 

大きくなった前立腺は前立腺を通過している尿道を
圧迫するようになり、この尿道の圧迫によって尿の排出が
阻害されることになり、各種の排尿症状が現れ、
尿道に炎症が発生することになります。

 

前立腺肥大症の頻度は非常に高く、組織学的には
40代男性の40%、60対60%で起こっているといえますが、
実際に臨床的な問題になりはじめるのは40代後半であり、
25%ほどが診療対象となります。

 

前立腺肥大症の検査をうける基準とは

 

以下のような症状あるならば、前立腺肥大症疑ってください。

  1. 排尿に力がない。
  2. 排尿時に尿が途中で途切れる。
  3. 排尿が終わりズボンをあげてから、また尿がこぼれてくる。
  4. 排尿が終わってもすっきりせず、尿が残っているような感覚がある。
  5. 排尿時に痛みやひりひりした感じがある。
  6. 尿意を頻繁にもよおし、強い尿意を感じた場合我慢できない。
  7. 寝ていても尿意によって目がよく覚める。

40代、まだまだ若いですが、前立腺肥大症の検査
一度受けてみてください。

 

40代は依然として活力に満ちあふれ、活発に活動する時期
ですが、少しづつ体に起こる年代でもあります。

 

そのため、普段からこれまで以上に健康管理に
気を使って過ごす必要があります。
特に男性であれば、前立腺の健康状態に関心を持ち、
これに対する正確な認識を持たなければならないでしょう。

 

人口高齢化によって、前立腺肥大症患者は徐々に増えています。
それによる認識の変化が必要な時です。

 

ただ、不快な症状、老化の自然な現象と決めつけるのではなく、
積極的な取り組みを通じて元気で活気のある生活を
長い間維持できるように心がけましょう。

あなたのサプリメントは大丈夫ですか?

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

Sponsored Link

前立腺肥大の検査をして前立腺肥大を早期発見記事一覧

前立腺炎基本検査、前立腺液+精子内細菌検査

前立腺、前立腺炎とは?前立腺は、男性の膀胱のすぐ下にあるそれほど大きくないの生殖に関連した器官です。前立腺は炎症が生じた場合、泌尿器、生殖器、骨盤に症状がでます。すべての男性の約半分は一生に一度は経験する疾患で、泌尿器科を訪れる訪れる理由として最もありふれたものの一つです。前立腺検査医師との面談(聞...

≫続きを読む

必ず精密な検査と診断が必要な前立腺肥大症

中年男性の多くが苦しんでいる病気。それは前立腺肥大症です。頻尿ために、寝ている時でさえトイレに行きたくなり、排尿を終えても残尿感があり何かすっきりず、気持よくトイレを終えられたのが遠い昔のように感じてしまいます。年を取ったからしかたがないのでしょうか?いいえ、そうではありません。原因は全て前立腺肥大...

≫続きを読む