排尿障害をチェックして前立腺肥大予防

前立腺肥大症の、症状の一つ排尿障害に注意する

前立腺肥大症 排尿障害

男性の方が最もストレスを感じる疾患である前立腺疾患。

 

男性であれば誰でもかかる可能性がある疾患で、
特に中高年層でよく発症しますが、誰でも発症する
可能がある疾患ですので、その内容を知っておいて損はありません。

 

すべての男性たちが気を付けなければならない
前立腺肥大症は排尿障害が主な症状です。

 

前立腺肥大症はその言葉通り、前立腺が肥大化し、
それにより尿道が圧迫されてしまい、排尿障害ガ起き、
排尿後もすっきりしないなどの症状が現れ、更に発展すると
尿道が塞がれて膀胱結石ができてしまう恐ろしい疾患です。

 

前立腺肥大症の症状、排尿障害をチェックする

 

症状が一番重要なポイントです。
必ずチェックしてみてください!

 

  1. トイレに行く回数が増えたり、排尿が終わってもすっきりしない。
  2. 排尿時に痛みがあったり、腰がずきずきする。
  3. 尿の色が透明でなく濃い、またにおいがする。
  4. 尿道がかゆく不快感がある。
  5. 突然の尿漏れ症状が出る時がある。
  6. 夜間頻尿がある。
  7. 尿がちゃんと出ず、時間が長くかかる。

などが前立腺肥大症の症状としてあげられます。

 

特に排尿障害は尿道が徐々に狭くなり、
時間が経てばより症状が悪化します。

 

この状況が続けば、膀胱は尿でいっぱいになり
無意識に小便が流れ出るようになります。

 

この状態がずっと続くようになると、
腎臓の機能障害まで発展してしまします。

 

この状態でさらに放置すれば尿毒症が起こるようになり、
ひどいの場合には死亡につながってしまいます。

 

 

前立腺肥大症の明確な原因は明らかになっていませんが、
前立腺炎、ホルモンの不均衡、飲み過ぎや喫煙のような
誤った食習慣、激しいストレスなどが原因になるといわれています。

 

また、締め付けるがキツいパンツ、尿の逆流や痔のような
症状が尿道を通じて伝染する場合もあります。

あなたのサプリメントは大丈夫ですか?

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

Sponsored Link