アルファ交感神経遮断剤と男性ホルモン転換酵素抑制剤

前立腺の手術方法として最近注目されている方法にHoLEP

新医療技術,HoLEP

年をとると身体機能は徐々に弱まってきて、
普段簡単にこなしていた日常的なことまでも
こなすのが難しくなります。

 

特に男性にだけにある前立腺は肥大化し、
前立腺肥大症が現われるようになります。

 

前立腺肥大症になれば尿がでにくくなるなど、
排尿にかんする異常症状が現われるようになります。

 

前立腺肥大症は50代で約50%程度、60代以上では
60〜80%の頻度で現れるありふれた疾患でもあります。

 

 

前立腺肥大症の原因は様々な要因が複合的に
影響しあってるのですが、最も大きな原因としては、老化、
ホルモンバランスの変化、遺伝的要因と
生活習慣などであると考えられています。

 

 

前立腺肥大症の症状としては、排尿を終えてもすっきりしない、
頻繁にトイレにいくようになる、尿をする時に一度切れたりする、
尿意を我慢できない、尿の勢いが弱くまた尿が細くなる
、尿が出てくるまでに時間がかかる、就寝時に尿意によって
何度も目が覚める、などが上げられます。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺肥大症はどのようにして治療するのでしょうか?

 

治療方法は、薬物治療と手術治療に分けることができます。
第一段階としてはには薬物治療を行う事が一般的で、
アルファ交感神経遮断剤と男性ホルモン転換酵素抑制剤を
使用して治療を行います。

 

 

アルファ交感神経遮断剤は尿道の括約筋を弛緩させ、
排尿機能を好転させる薬ですが、起立性低血圧、
性行為障害などの問題が発生することがあります。

 

男性ホルモンの変換酵素阻害薬は肥大化された
前立腺を小さくする働きがありますが、
減らすことになるが、前立腺があまりに大きい場合はその効果は弱くなります。

 

またその他に、性欲減退、勃起不全などの副作用が伴う場合があります。

 

薬物治療効果がなく、また別の理由により薬物服用が困難な場合には、
手術治療を行うことになります。

 

その前立腺の手術方法として最近注目されている方法に
HoLEPというものがあります。

 

前立腺切除術としては以前行われていたメスによる
前立腺切除と、最近行われるようになった
KTPレーザー前立腺切除術があます。

 

メスによる前立腺切除は電気メスによって前立腺組織を
掻き出し、狭まった尿道を広げる手術であり、
KTPレーザー前立腺切除術は内視鏡を用いてレーザーにより
前立腺組織を焼いて尿道を広げる方法です。

 

 

これまで前立腺切除は入院治療期間が最大7日までと
比較的多くの時間が必要とされ、また手術の効果も
1〜2週間以上経過しなければ現れませんでした。

 

 

現在注目を集めているHoLEPは、従来のレーザー切除手術に比べて
多くの長所を持っており、前立腺肥大症の手術の
新しい手法として注目されています。

 

HoLEPの効果と優秀性を見てみましょう!!

 

肥大化した前立腺の左右をそれぞれ縛ってくれることができる
縫合糸を利用して尿道を拡げりというのが具体的な方法です。

 

米国と欧州ではすでに検証済みの治療法であり、
手術ではなく施術で、簡単かつ安定性が高く、
治療効果も優れています。

 

施術時間は10-20分程度と短く、当日退院も可能です。

 

前立腺切除術時に発生する精子逆行、勃起不全などの
副作用がほとんどないという長所もあります。

 

薬の服用で大きな効果がなく、勃起力低下の副作用を
気にしてようであれば、HoLEPが最適な治療法となるでしょう。

Sponsored Link