加工肉をたくさん摂取すれば前立腺がんの成長を刺激する

赤い色の肉類も前立腺がんの成長を刺激する

加工肉,赤肉,前立腺がん

前立腺癌に良い食べ物や生活療法

 

前立腺疾患は、現在増加傾向にある男性疾患で、
前立腺炎、前立腺肥大症、前立腺癌が代表的です。

 

原因としては、年齢、遺伝的要因、男性ホルモンの影響、
飲食、および西洋的な食生活、過度な脂肪摂取などが
関係あるものと推測されています。

 

前立腺癌は一般的に60歳以上の年齢になって発症し始め、
年齢に比例して発症率も増加していきます。

 

前立腺疾患には利尿を促す成分が含まれた食品と抗炎作用、
抗酸化作用成分が含まれた食品を摂取するが良いとされています。

 

以下、前立腺癌における一般的な食餌療法と、
前立腺癌に良いとされる食べ物を紹介します。

 

加工肉の摂取は発がんの可能性

加工肉をたくさん摂取すればするほど、
発がんの可能性は高くなります。

 

加工肉を作る過程中に添加する亜硝酸塩はN-ニトロソ化合物を
生成する可能性がありますが、これは発ガン性物質であると
報告されており、肉類を高い温度で加熱したときに発生する
芳香族アミンと多環芳香族炭化水素はガンの発病を促進します。

 

これ以外にも、加工肉には多量の塩分が含まれており、それが発がんの
可能性を高め、また赤い色の肉類も前立腺がんの成長を刺激することが
知られており、高脂肪の食生活は自制するのが望ましいでしょう。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

高コレステロール血症が前立腺疾患を悪化させることが
あるので血中コレステロールを正常化しなければなりません。

 

亜鉛が豊富に含まれており、前立腺疾患に良い
カボチャの種を摂取しましょう。(1日に1/4カップ程度)

 

緑黄色野菜を多く摂取して十分なビタミンを補充しましょう。

 

ヒマワリ油、ごま油、オリーブオイル、レシチン、栄養酵母
などでビタミンEを摂取しましょう。

 

セレンは食品で毎日摂取するようにしましょう。

 

前立腺炎がでた時には、沸かした水をたくさん飲んで
繰り返し排尿するようにしましょう。

 

高脂肪、高蛋白の食事を避けてましょう。
辛い食べ物、塩分の多い食べ物やインスタント食品、小麦粉、
天ぷら、焼き肉なども症状を悪化させる要因であるため、
食べ過ぎないようにしましょう。

 

ビタミンEの摂取

ビタミンEは前立腺がん予防と治療に効果を発揮します。

 

前立腺がん細胞の増殖を減らして、DNAの損傷を防ぎ、
過酸化脂質の防止、ニトロソアミンの生成阻止などの働きもあります。

 

その他にも体内免疫機能を増進させて癌の予防にも
大きな役割をはたします。

 

ビタミンEを含む食品としては大豆、パーム油、オクススユ、
ひまわりの種油などがあります。

 

特に大豆に含まれるイソフラボンには抗癌効果があると
されていますが、これは大豆に含まれている成分がエストロゲンに
影響を及ぼすためだと考えられており、それがテストステロンによる
前立腺がんの増殖抑制にもつながるからだといわれています。

 

カルシウム摂取制限

前立腺癌発病に影響を与える食習慣として、加工食品や
牛乳や乳製品の摂取が過度に高いケースがあげられます。

 

牛乳以外にもカルシウムの強化食品を摂取したり、カルシウムの
含有量の高い食品を多く摂取すると、前立腺がんの発生を
増加させる要因になることもあると示唆されています。

 

カルシウムを一日に1,500mg以上過剰に摂取すると、
前立腺がんの発生率が上昇するという報告もあります。
過剰摂取は避けるようにしましょう。

 

 

まとめますと、低脂肪を心がけ、新鮮な果物、野菜、豆類を
充分に摂取することが、前立腺がんの予防やがんの進行を
減らすのに役立ちます。

 

これらを心がけ、生活していきましょう。

Sponsored Link