風邪薬が前立腺肥大症に危険な理由はエフェドリン

風邪薬のエフェドリンに注意する前立腺肥大症

風邪薬,前立腺肥大症,危険,エフェドリン

前立腺肥大症と診断された50代男性のA氏。
彼は前立腺肥大症の診断後、 前立腺に良いと
いわれるものは全て行うようにしました。

 

しかしそれにもかかわらず、A氏は膀胱が
スイカほども膨らみ、倒れてしまいました。

 

実はA氏が急に悪くなったのには、
普段から行っていた行動にあったのです!

 

それはは普段からよく飲んでいた風邪薬の摂取でした。
風邪薬の副作用による急性尿閉で倒れてしまったのです!

 

風邪薬が前立腺肥大症に危険な理由は?

風邪薬に入っている抗ヒスタミン剤と気管支拡張薬に入っている
エフェドリン成分は膀胱の筋肉の収縮力を落とし、膀胱の入口と
前立腺を通る尿道の筋肉を収縮させるようにはたらきます。

 

そのため、前立腺肥大症患者が風邪薬を摂取する際には、
必ず医者の判断を仰ぎ、適切な薬を処方して
もらったほうが良いでしょう。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺肥大症の合併症

前立腺肥大症を適切に治療せず放置した場合には、
最悪は尿が狭くなった尿道を通過できず、膀胱上にある
腎臓を膨張する水腎症、尿酸が過度に体内に残って発生する
尿毒症などはもちろん、尿路感染、腎不全など様々な
合併症を引き起こす恐れがあります!

 

前立腺肥大症とは?

前立腺は男性のみ存在する器官で、子供のときは
見えないほど小さいものです。

 

しかし、思春期以降だんだん大きくなっていき、成人ではクリを
ひっくり返したような形の20gほどの大きさになります。

 

前立腺肥大症はまさにこの前立腺が大きくなった事によって、
前立腺が尿道を圧迫するようになり これによって様々な
排尿障害が現れるようになることを指します。

 

年を取るほど前立腺肥大症が増加する理由とは?

前立腺肥大症に関しては、統計調査の結果、40代の40%、
50代の50%、60代の60%、70代の70%がこの疾患を患っていることが
わかっており、年齢と比例して増加する疾患だといえます。

 

年を取るほど前立腺肥大症が増加する理由としては、
男性ホルモンと前立腺には関係があげられます。

 

男性ホルモンの一つであるテストステロンは、特定酵素によって
DHTに変わり、これが前立腺細胞核の中に入ってDNAに
影響を与え、細胞を異常増殖させるはたらきがあるのですが、
年を取るほどテストステロンがDHTに変わる量が徐々に多くなっていき、
細胞の異常増殖も活発になり、前立腺が肥大化してしまうのです!

Sponsored Link