前立腺肥大と関係のある男性ホルモンを知ろう

前立腺肥大の予防のために男性ホルモンの過剰分泌に注意

前立腺肥大 予防 男性ホルモン

どんな男性であっても避けて通れない
前立腺疾患の脅威!

 

脱毛の症状が出始めた場合には前立腺疾患に
より気をつける予防する必要が出てきます。

 

それは、男性ホルモンの過剰分泌が脱毛に
つながっている可能性があるためです。

 

前立腺肥大男性ホルモンと、非常に深い関係にあり
脱毛の原因が、男性ホルモンであるならば、
前立腺疾患の、可能性も上昇するのです。

 

逆に、前立腺肥大の治療薬の副次効果で
脱毛が予防される場合などもあります。

 

統計調査の結果、前立腺疾患者は40代には40%、
50代には50%、60代には60%、70代には70%程度で
あることがわかっていますが、近年、西欧化された食生活、
仕事でながく座ることが増えた、などの点から、
20代でも前立腺疾患者が増えてきています。

 

 

男性の自尊心にも繋がる前立腺の健康ですが、果たして
前立腺を健康にしそれを維持するためには、
どうすればいいでしょうか?

 

前立腺肥大の健康ためには、下半身を若いうちは
涼しく、年取ってからは暖かく保つことでしょう。

 

睾丸にある精子は一定温度以下で活発になりますが、
もう子供を作る予定がない中年であれば
下半身を暖かく保つことで前立腺肥大を予防
できるといわれています。

 

前立腺がんを予防するためには

 

前立腺がんを予防するためにはコレステロール数値を
下げる必要があります。

 

遺伝的要因が強く関係する病気なので、家族の中で
前立腺疾患を患った人がいるようであれば、
自身も同様の症状に注意しなければなりません。

 

また、更年期のうつ病治療のために男性ホルモンを
投与する場合、前立腺疾患を誘発する恐れが
あるため、この点にも注意を払いましょう。

 

前立腺の治療

 

1)男性ホルモン抑制薬物投与
2)尿道の圧力を下げる薬物投与
3)前立腺肥大組織除去術
などがあります。

 

精管の手術と前立腺がんは相関がなく、
また前立腺肥大症があるとしてもそこから
前立腺癌になることはありませんが、
前立腺がんの症状は前立腺肥大症に
似ているので注意が必要です。

 

また、普段から1日4〜6ほどトイレに行ったり、
尿の勢いが弱かったり、トイレに行ってもなかなか
尿が出てこなかったり、尿の色が混濁したり血液が
混じったりしている場合には泌尿器科を
訪問することをおすすめします。

 

もし前立腺肥大症の可能性があると判定を受けた場合

 

1)風邪薬、特に鼻に効くとされる風邪薬を飲まないようにする。
(抗ヒスタミン成分が急性尿閉を誘発する恐れがある)

 

2)飲み過ぎに注意する。

 

3)右手の人差し指が短い場合、前立腺肥大症に
なりやすい可能性があるので、より注意する。
などで、日頃から前立腺の状態を気にかける必要があります。

 

3)の人差し指についてですが、英国のある報告書によると
3000人の前立腺疾患患者と指の形の関係が研究を通じて
明らかになったとのこと、まだ不明確な部分が多いですが、
胎児時の男性ホルモン露出と関わる結果なので、
注意しておいて損はないでしょう。

 

前立腺肥大を予防する食べ物

 

前立腺肥大に良い献立としては、
ビタミンB6が豊かなものがあげられます。

 

ビタミンB6、不飽和脂肪酸であるオメガ3が豊富な鮭で
作った炊き込みご飯やはらこ飯、ビタミンB、ビタミンEが豊富な
アボカドで作ったアボカドの刺し身、前立腺に良い
バナナやトマトのサラダなどです。

あなたのサプリメントは大丈夫ですか?

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

Sponsored Link

前立腺肥大を予防する男性ホルモン管理で前立腺肥大を記事一覧

前立腺肥大の予防法日常からの健康管理が重要

前立腺肥大症の予防法としては日常からの健康管理があります。脂肪の含量が高い食べ物は避け、ビタミンが豊富な果物や野菜を充分に摂取し、適切な運動と禁酒やストレスの解消が重要です。効果的な治療法としては薬物治療と手術療法があります。薬物治療では大きくなった前立腺に圧迫された膀胱の入口を広げるような薬剤を投...

≫続きを読む

前立腺肥大症を予防するには健康管理が必要

50代の中年となると、多くの方々が前立腺肥大症に関する悩みをもっているといいます。この疾病の発病原因は現在も明確になっていませんが老化により発生することが多いため、完全な予防法というものがありません。ただ、慢性疾患のようにストレスや運動不足、ホルモンの不均衡などで起きるといわれており、このような部分...

≫続きを読む