前立腺肥大症治療に使われるホルミウム・ヤグレーザー

ホルミウム・ヤグレーザーによる治療とHoLEPでの摘出による治療

ホルミウム・ヤグレーザー,前立腺肥大症

前立腺肥大症は命に関わるような疾患がないために、これによる
死亡例は極めて珍しいです。

 

また、前立腺症はほとんど場合徐々に悪化するので、腎不全のような
病状が悪化した状態で表れる例もあまり見られません。

 

しかし、夜間頻尿、残尿感などの排尿障害に関する症状は、
患者に相当な苦しみを与え生活の質を低下させてしまいます。

 

そのためほとんどの前立腺肥大症患者は、排尿障害の不便を解消
するため治療を受けることになります。

 

過去には前立腺組織部の切開によって肥大症を治療しますが、
最近ではKTPレーザー治療から 最新のホルミウム・ヤグレーザー
(Holmium-YAG laser)による治療まで様々種類があり、
安全で素早い治療が行われています。

 

前立腺疾患の悪循環から抜け出すためには 根本的で安全な治療が
複数並行して行うのが最善です。

 

ホルミウム・ヤグレーザーによる治療とHoLEPでの摘出による治療は
最先端の物であり、肥大化した前立腺の組織を丸ごと
分離して完全に取り除くために最も安全な手術といえます。

 

<>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺が肥大化すれば、膀胱の排出障害を起こし、
頻尿、残尿感、尿線途絶、尿閉などの症状を現れます。

 

前立腺肥大症は治療時期を逃すと、副睾丸炎までつながる
可能性があり、他の疾患を伴うことがあるため、必ず初期に
治療を受けなければならない疾病です。

 

泌尿器科に関連した前立腺肥大症の定義

 

前立腺肥大症は、中年以降の男性で発症する、最も一般的な
ものの一つです。

 

前立腺が大きくなると、尿道が圧迫されて排尿に抵抗が高まり、
様々な排尿障害を引き起こすことになります。

 

しかし、前立腺の大きさと膀胱出口の尿道の閉鎖の程度と
それによる症状との間には、大きな関連性がないといわれています。

 

前立腺肥大症発生の最大の誘発因子は年齢の増加と
男性ホルモンであるアンドロゲンの存在です。

 

前立腺肥の組織学的変化は35歳から始まって60代の男性の60%、80代の
90%が肥大化し、そのうちの50%が前立腺肥大症による様々な排尿障害
の症状を訴え、25〜30%程度が手術を伴う療法を受けています。

Sponsored Link