前立腺のガン化を血液検査する前立腺肥大症の診断

血液検査で前立腺のガン化が起こっていないか確認

血液検査,前立腺のガン化

前立腺肥大症の診断
1.基本的な検査‐精子採取および症状の聞き取り
2.血液検査‐前立腺のガン化が起こっていないかの確認
3.尿検査‐診断のための必須検査
4.直腸内からの前立腺触診‐前立腺と関連する病気を診断する1次的検査
5.尿流量測定検査-客観的なデータとなる有用な検査
6.残尿量測定-排尿後に残っている残尿の測定

 

男性は女性に比べ排尿に関する何らかの障害を
経験する方が多いです。

 

これの要因の一つに前立腺肥大症の症状があげられます。

 

中年をすぎた男性に一般的に現われる疾患の一つで、
言葉の通り前立腺が肥大化する疾患です。

 

尿道の周辺の特定部位が大きくなって、尿道を圧迫し、
排尿に関連した様々な症状が現れます。

 

また尿排がしっかり行えないことで、膀胱にも影響を与え、
膀胱機能を悪化させることがあり、しっかりした治療が
必要な疾患といえます。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺肥大症の最大の原因

前立腺肥大症の最大の原因としては年齢の増加と
男性ホルモンにおけるバランスの変化です。
特に60代〜80代の男性がよく発症します。

 

初期:夜にトイレいくための2回以上目が覚める。

排尿開始の遅延。尿の勢いが弱くなる。

 

中期 残尿感。

排尿時の痛みや排尿に関する症状の継続。
前立腺部位に充血やむくみが現れる。

 

後期:残尿の増加による膀胱の尿排出能力の大きな低下 

膀胱内の尿量が増えることで、尿が腎臓へ額流する現象と
それによる腎臓の機能低下、尿毒症やその他合併症。

 

前立腺肥大症治療法は前立腺の状態によって異なり、個人別の
患者に合った治療法が選択されます。

 

治療法は大きく分けて、薬物治療と手術治療があります。

 

手術的治療は薬物治療より迅速な治療が可能で、
かつ完全な治療をすることが可能です。

 

前立腺肥大症を予防のするためには、日ごろから適度な運動を
行う事を心がけ、また飲酒、油っこい食べ物、肉類など高脂肪の
食べ物は避けて果物や野菜を多くたべるとよいでしょう。

 

前立腺肥大症を治療して健康と楽しい生活を送ってください。

Sponsored Link