父親の年代が発病しやすい前立腺肥大症重要な機関です

前立腺肥大症は中年男性の大半が経験している

中年男性,父親の年代,前立腺肥大症

肝臓疾患の患者の60%以上、
肺がん患者90%以上、
通風患者50%、以上が中年男性だという事実があります。

 

中年男性の大半が経験しているという前立腺肥大症。
父親の年代が発病しやすい疾患です。
自信まで喪失させるというこの疾患はどのような疾患でしょうか?

 

前立腺とは精子の一成分を生成、分泌する男性生殖器の
一つで、睾丸と共に性機能を決定する重要な機関です。

 

正常な前立腺は、生まれてすぐはほとんど見えないほど
小さいく、男性ホルモンの影響で思春期から急激に発達して、
成人になると20g程度のクルミの実程度の大きさとなります。

 

そして更年期に入ると、毎年0.3〜0.4gずつ大きくなりますが、
前立腺肥大症の場合、急激に大きくなり、正常な頃の
くるみ程度の大きさから、あんずや卵、最大でりんご程度の
大きさまで肥大してしまいます。

 

前立腺肥大症の理由は身体の老化です。

中年をむかえた男性の場合、生殖器としては衰えてくるものの、
男性ホルモンの影響は受け続けて前立腺が肥大化してしまうのです。

 

また、もう一つ理由は誤った食習慣にあります。

 

中年男性に多い頻繁な飲酒は、肥満とコレステロール値を
高めることにつながりますが、前立腺の大きさは、コレステロールの
影響を非常に受けやすいのです。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

では具体的な症状としてはどのような物があるでしょうか。

 

その1 排尿障害
前立腺が大きくなると、尿道をふさぐような形になるため、
排尿の勢いが弱まることがあります。

 

ために尿が途切れてたり、ぽつりぽつり落ちている現象を現れます。

 

症状がひどくなると下腹部に力を入れていきむことで、
やっと排尿が出来るようになり、日常生活に影響をあたえるほど、
トイレに頻繁に訪れるようになります。

 

排尿障害により排尿が困難となり、悪化すれば、
腎不全に進行することもあります。

 

その2 性機能の低下
前立腺肥大症による排尿障害を解決すれば性機能が向上し、
また性機能が向上すれば排尿障害も良い方向に向かう、
という研究が現在行われています。

 

前立腺肥大症症状は社会生活と夫婦関係に支障をきたす
場合もあり、これがうつ病を誘発する場合もあります。

 

また前立腺肥大症患者は尿道が塞がれて排尿ができない
急性尿閉になることもあります。

 

一部の風邪薬に含まれているエフェドリンという成分は、尿道を
圧迫して排尿をさまたげますので、前立腺肥大症患者の場合、
風邪薬を飲む際には医師などに相談するようにしましょう。

 

前立腺の健康維持のため、注意すべき点

 

・前立腺に尿石や炎症があったり、前立腺が大きくなれば、
精子に血が混じって出る場合があります。

 

血が出る場合、泌尿器科の診療が必要でしょう。

 

・前立腺肥大症は男性ホルモンの過多で生じる疾患で
あるために、女性ホルモンが含まれた食品を摂取することが
疾患を予防することにつながります。

 

豆は女性ホルモンが多い食べ物でよく知られています。
反対に男性の特に精力を増進させるという料理は疾患を
加速化させるため、避けたほうがいいでしょう。

 

ビールを食べると尿の量が増え、排尿を我慢することで急激に
膀胱が膨らみ、尿道を圧迫して急性尿閉になることが
ありますので注意が必要です。

Sponsored Link

関連ページ

50代以降の年齢の男性がかかりやすい前立腺肥大症
前立腺肥大症は50代以降の年齢の男性がかかりやすいことができる疾患のひとつです。老化が最も大きな原因だといわれていますが、最近は若い男性たちの発病率も着実に上昇しています。若い年齢層にも前立腺肥大症が増えてきました。
単なる老化現象と思わず前立腺肥大症の原因知る
前立腺肥大症は多くの男性たちが経験する疾患の一つであり、再発のない 根本治療が最も重要です。単なる老化現象と思わず、わずかでも症状が疑われたならば、定期的な検診と医師への相談によって、あらかじめ予防されては如何でしょうか?