前立腺肥大症の40代50代60代70代年代別経験率

前立腺肥大症の年代別経験率患者は増加傾向

前立腺肥大症,40代,50代 ,60代,70代

40代以降で急増する前立腺肥大症。
あらかじめ注意しておきましょう!

 

他人事だと考えていた前立腺肥大症が本人に
発生すると、困惑せずにはいられなくなります。

 

近年、前立腺肥大症の患者は増加傾向にあります。

 

特に中年以降では、40代の7%、50代の22%、60代の31.8%、
70代の37.5%、前立腺肥大症を経験したことがあると
報告されています。

 

40歳を過ぎたのならば、前立腺の健康管理に
特に気を付けた方がいいでしょう。

 

前立腺肥大症とは?
以前は、前立腺が肥大化して膀胱下部の尿道を
ふさぐことで、尿の流れを遮った状態をさして
前立腺肥大症といわれていました。

 

しかし現在では、40歳以上の男性が1日8回以上の頻尿、
夜間頻尿、突然の尿意、残尿感、尿線途絶、などの
排尿障害と膀胱の排出障害を総合した下部尿路症状が
前立腺肥大症であると説明されています。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺肥大症の原因は?

 

主に老化現象の一つとして現れます。
初期には取り立てて症状が現れませんが、肥大化が進むと
生活に不便を感じる症状が出るようになりますので、なるべく
初期の段階で病院を訪れることが重要です。

 

様々な要因が複合して関係しているとされますが、
睾丸の老化が主要因と考えられています。

 

一方、遺伝的要因、職業、肥満体系、喫煙、飲酒との
相関関係はまだ調査・研究段階にあります。

 

前立腺肥大症の症状
  1. トイレが終わってもすっきりしないで、残尿感がある。
  2. 全て出たと思った後からも、ぽつぽつと尿が出てくる。
  3. 尿意が我慢できない。
  4. 尿が漏れて服をぬらす。
  5. 夜間寝ている際に、トイレのため頻繁に目が覚める。
  6. トイレが近い。
  7. いきむことで、初めて尿がが出てくる。
  8. 尿の勢いが弱い。
  9. 尿が途中で途切れてしまう。

 

前立腺肥大症の治療

 

1.待機療法‐患者が耐えられるほど症状が軽い場合、経過を観察しながら、
腰湯、排尿習慣の改善、水分摂取量の調節、食餌療法などを行います。

 

2.薬物治療‐アルファ遮断剤やアンドロゲン抑制剤、生薬製剤、
抗ムスカリン薬などの中から、患者症状にあった適切な薬物を
選択して投与し治療します。

 

3.手術治療‐薬物治療にて効果がなかった場合、前立腺切除術、
KTPレーザー、その他レーザー手術法などで前立腺幹部を摘出します。

Sponsored Link

前立腺肥大症の患者は増加傾向,年代別経験率記事一覧

50代以降の年齢の男性がかかりやすい前立腺肥大症

前立腺肥大症によくかかる年齢がある?前立腺肥大症は50代以降の年齢の男性がかかりやすいことができる疾患のひとつです。老化が最も大きな原因だといわれていますが、最近は若い男性たちの発病率も着実に上昇しています。若い年齢層にも前立腺肥大症が増えてきました。家族で前立腺の疾患にかかった人がいるのであれば、...

≫続きを読む

中年男性の大半が経験しているという前立腺肥大症

肝臓疾患の患者の60%以上、肺がん患者90%以上、通風患者50%、以上が中年男性だという事実があります。中年男性の大半が経験しているという前立腺肥大症。父親の年代が発病しやすい疾患です。自信まで喪失させるというこの疾患はどのような疾患でしょうか?前立腺とは精子の一成分を生成、分泌する男性生殖器の一つ...

≫続きを読む

単なる老化現象と思わず前立腺肥大症の原因知る

前立腺肥大症の原因知って正しく治療しよう!最近急に寒くなり、また湿度も低くなり乾燥してきたため、各種呼吸器疾患にかかる人が増えてきています。中年男性の場合、さらにここに一つ、頭を悩ませる疾患が追加されます。それが前立腺肥大症です。一般的の欧米人に発病率が高いとされる前立腺肥大症はですが、近年では欧米...

≫続きを読む