前立腺肥大症治療薬を飲む必要はない

前立腺肥大症治療薬を飲む必要はない

前立腺肥大症治療薬,飲む必要はない

予防のために発病前から何らかの薬を
飲んだとしても、それにより前立腺肥大症や
前立腺がんを防ぐことは難しいでしょう。

 

前立腺の症状の治療に効果的な方法としては、
第一は熟睡トレーニングです。
前立腺肥大症で薬を服用する理由の大部分が、
夜トイレにくために目が覚めるのを改善したいというものです。

 

もちろん前立腺の刺激も目が覚める要因の一つですが、
最も大きな要因は熟睡が出来ていないことです。

 

熟睡をすれば多少の刺激では目が覚めなくなります。

 

薬物ではは前立腺肥大症自体を無くすことはできません。
服用する時だけ効果があり、やめれば症状は再び現れています。

 

手術は、手術の苦痛と費用、合併症、
そして手術後の再発などを考慮すれば
本当に最後に選ぶべき選択でしょう。

 

第二に禁酒が上げられます。
アルコールは肥大化した前立腺を刺激し症状を悪化させるため、
お酒をやめたり、飲む量を減らしたりすることで、
すぐに実感できる効果をえることが出来ます。

 

第三は膀胱の訓練です。
尿意を催しても、すぐにトイレに行き排出せずに、
ガマンする練習をしてみましょう。

 

昼には決まった感覚でトイレにいくようにし、夕食後は
水や水分の多い果物などの摂取減らすことが、
前立腺肥大症に対して効果的です。

 

第四は肥大化した前立腺をこれ以上刺激しないことです。
自転車のサドルなどに座ると、前立腺を圧迫することに
なりますので出来る限り避けましょう。

 

もちろん、前立腺を圧迫していると前立腺が
大きくなるわけではありませんが、余計な刺激を避けることで
症状が悪化するのを防ぐことができます。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

薬物の効果はトレーニングでほとんど
代替することができます。

 

薬物は一生服用しなければなりませんが、
上の四つのトレーニングは 2週間から1ヶ月程度で
ほぼ終了させることができます。

 

どちらを選択するかは、それぞれ個人の
状況によるかと思います。

 

前立腺肥大症は男性の膀胱と尿道の間に存在する器官、
前立腺が次第にに大きくなることを要因として、
主に40歳以降の男性が発症します。

 

前立腺が大きくなることによって、症状も徐々に現れ始める

 

第一の症状としては、排尿の勢いが弱くなり尿事態が細くなる、
また排尿し始めてもすぐには出ず、排尿が終わった後も
尿が残っているように感じる、というものが上げられます。

 

第二の症状としては 、昼に頻繁にトイレにいくようになり、
また夜もトイレにいくために頻繁に目が覚める用になる、
というものが上げられます。

 

このような症状は症状は前立腺炎、尿道炎、膀胱炎と
前立腺がんなど 他の疾病によっても現われる可能性も
ありますが、炎症は急性( 症状が急に起こる)である
という点、また前立腺がんは多くの場合60歳をこえてから
発症し、また相対的に珍しいという点を持って、
それらを識別することが出来ます。

 

それでも前立腺肥大症を診断する医師らは
必ずこの3つの可能性を念頭に置きます。

 

診断方法としては詳しい病歴を聞いた後、
肛門に手を入れて前立腺を触診します。

 

その他に尿検査、血液検査などで感染症の有無を
確認し、必要に応じて前立腺 超音波検査、
前立腺組織を採取しての検査なども行います。

 

前立腺は年を取りながら大きくなるものですが、
前立腺が大きいからといって症状があるわけではありません。

 

前立腺肥大症であっても、出ている症状が実生活に
あまり影響を与えないようなものであるなら、一生そのまま
放置しておいても何の問題もありません。

 

前立腺の治療は症状にたいして行うものであって、
症状がなければそのもの自体は治療の必要がないのです。

Sponsored Link