前立腺肥大症は前立腺がん、前立腺炎とどのように違うのか

前立腺がん、前立腺炎と前立腺肥大症の違いとは

前立腺肥大症,前立腺炎,前立腺がん

男性の更年期障害といわれる前立腺肥大症
若い男性の前立腺は栗の実ほどの大きさで、
そこから年を取るについてれ徐々に大きくなり、
あまりに大きくなりすぎると前立腺内部を通る
尿道を圧迫してしまい
様々な症状を起こしてしまいます。

 

これを前立腺肥大症と言います。

 

前立腺肥大症の他に前立腺に発生する代表的な
疾患としては、前立腺に炎症が発生した前立腺炎
前立腺に癌が発生した前立腺がんなどがあります。

 

特に前立腺がんの場合、前立腺肥大症と似た症状を
引き起こす場合があるため、正確な診断を必要とします。

 

前立腺に発生するその他の主要疾患

 

1)慢性前立腺炎
慢性的に前立腺に炎症が起こっている状態を表します。
排尿障害や足の間の痛みなどが現れ、排尿時に
痛みが発生したりします。
2)、前立腺癌
前立腺に発生するがんです。 初期には特別な症状を
感じない場合がほとんどですが、がんが大きくなるにつれて、
尿道を圧迫し、前立腺肥大症と類似する症状が
現れるようになります。

 

現状、前立腺肥大症の正確な発生原因は
明らかになっていませんが、大きく分けて二つの
要因があるといわれています。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺肥大症が発生する原因

1)老化(年齢増加)
前立腺肥大症は40歳以降から徐々に発病するようになり、
60代では60〜70%位現れて、70歳になればほとんどすべての
男性で現れるほど、非常にありふれた病気です。

 

老化の一種であるとされる場合もあります。
2)、男性ホルモン
年齢が重ねることで、睾丸で生産される男性ホルモンの量が
減少しますが、男性ホルモン変換酵素が活性化し、
生物活動型の男性ホルモンの量が増えることが知られています。

 

前立腺肥大症の根本的な原因は、前立腺内部の血にあります。
高血圧は高コレステロールによってもたらされた結果です。

 

前立腺は膀胱の下部で尿道を指輪のように庇っており、
精液を生産し尿道を通じて排出させる男性の生殖器官です。

 

全体の約60%は精嚢、約30%は前立腺で、残りの5%程度は
尿道で生産される分泌物で構成されています。

 

睾丸で生産される精子は精管を通って移動し、
精管膨大部に集まり、射精する際に前立腺液と精嚢の
分泌物などと混じって尿道通り排出されます。

 

したがって、私たちの体の中に余分にある脂質、
コレステロールを除去し、血を綺麗に保つことによって
前立腺肥大症は解消へと向かいます。

 

前立腺疾患の急速な増加とその対処法。

 

最近保険会社の調査では、2000年〜2008年まで8年間で
男性の前立腺疾患患者が9倍も増加したという結果が出ています。

 

特に20代から40代における前立腺炎患者が9年間で
それぞれ3倍〜5倍増加し、若年層の前立腺炎、
増加傾向が明らかになり、また人口高齢化に伴って
60〜70代における前立腺肥大症も大きく増加していました。

 

このように前立腺炎患者が大きく増加した理由としては、
過度なストレスと長時間座って仕事をする勤務条件などが考えられ、
また食生活の西洋化が進んだ事も一因であるといえます。

 

前立腺肥大症は言葉通り、前立腺が異常に大きくなる病気です。

 

主に尿の勢いが弱まる、深夜に頻繁にトイレにいくようになるなどの
症状が前立腺肥大症の初期によく見られ、排尿を終えたと思っても
また尿が残っており、ひんぱんに下着を汚してしまうというのも
患者が訴える症状の一つです。

 

この他にも排尿の際に下腹部に力を入れていきむ必要があったり、
ひどい時は尿の排出ができなくなる場合もあります。

 

このような症状が出た際には、前立腺肥大症を疑ってみてください。

Sponsored Link

関連ページ

前立腺肥大症のほかに前立腺に発生する代表的な疾患
前立腺肥大症のほかに前立腺に発生する代表的な疾患としては、前立腺に炎症が発生した前立腺炎、 前立腺にがんが発生した前立腺がんなどがあります。特に前立腺がんの場合、前立腺肥大症と似た症状を引き起こす恐れがあるため、正確な診断を必要とします。