前立腺炎と前立腺肥大症の最も大きな相違点は

前立腺肥大症と前立腺炎の違い、その治療法

前立腺肥大,前立腺がん,違い,前立腺炎

前立腺肥大症前立腺炎は症状が一部重なります。

 

どんな違いがあり、根本的な治療法には違いがあるのでしょうか。
前立腺炎前立腺肥大症違い、また治療法などについて見てみましょう。

 

もし尿の勢いが弱く、急に尿意を催したり、尿意を我慢するのが
難しいような症状が現れた場合、それが20代の男性なら
前立腺肥大症である可能性はほとんどありません。

 

前立腺肥大症は年齢を重ねることで発生頻度が
増加していく疾患の代表だからです。

 

前立腺肥大症は60代で60%、70代で70%と発生比率が
だんだんと高くなっていきます。

 

一般的に、40歳以降でに排尿が何かしらの問題が起こった場合
前立腺肥大症の可能性があり、検査を受ける必要があります。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺肥大症と前立腺炎の違いは何でしょうか?

 

前立腺肥大症は老年層に発生する疾患です。
ホルモンバランスが崩れた影響を受け、前立腺にある
細胞数が増加して肥大化することにより、尿道と
膀胱頸部を圧迫し、排尿が困難になります。

 

そのため、尿が完全に排出されず、排尿後も残尿感が
強く感じられ、また頻繁にトイレにいくようにもなります。

 

それでは、前立腺炎はどのようなものでしょうか。
前立腺炎は様々な原因で発生します。
前立腺に炎症が発生した場合全てが前立腺炎といわれ、
高熱、頻尿、残尿感、会陰部の痛みなど様々な症状が現れます。

 

これらをまとめると、前立腺炎と前立腺肥大症の最も大きな
相違点は、発症の年齢と会陰部痛みだとわかります。

 

50歳以降で多く発病する前立腺肥大症とは違い、
前立腺炎は一般的に健康で活発な年齢、
つまり50歳以前で主に発病します。

 

前立腺肥大症は前立腺炎とは違って痛みがほとんどありません。

 

前立腺肥大症が悪化すると前立腺がんになるのか?

?
前立腺肥大症は前立腺がんにはなりません。
前立腺肥大症は前立腺癌とは全く別のの疾病です。

 

前立腺?が肥大化することで、前立腺がんが発生することはありません。

 

ただ、前立腺がんの症状は前立腺肥大症の症状と
似ているため、前立腺がんであるという自覚がない
場合も多く、そのため前立腺肥大症が前立腺がんへと
変化すると誤解される事もあるようです。

 

前立腺がん早期発見のために、男性で50歳を超えた際には、
1年に一度前立腺がんの検診を受けることをおすすめします。

 

前立腺肥大症を放置すればどのようになる?

 

放置をすれば、徐々に排尿が困難になっていきます。

 

尿意があるのにもかかわらず、排尿することができなくなり、
尿管カテーテルを用いて病院で応急処置を行う場合もあります。
また前立腺肥大症によって膀胱の機能が徐々に弱くなり、
ひどい場合は腎臓機能が損なわれ、尿路感染、膀胱結石などの
合併症が現れることもあります。

 

前立腺肥大症にはどのような薬が効果的でしょうか?

また根本的な治療法はないですか。

 

前立腺肥大症は薬物治療、手術治療などの治療法がありますが、
薬による治療がもっとも一般的で、アルファ遮断剤を
服用することにより症状の改善をはかります。

 

漢方治療は前立腺肥大症が個人によって併発する疾患が
異なり、また症状の程度、腎臓の状態、肝臓の状態、
ほかに服用している薬、体質など個々の患者さんにあった処方を
行うため、治療率が高く、根本的な治療法になりえます。

 

腎臓や膀胱の機能を回復させる、免疫力をアップさせる、
排尿を補助する、下腹部の余計な水分、熱を排除する、
など様々な機能をもつ漢方薬がありますので、それらを複合的に
摂取することで総合的に症状が改善されていきます。

Sponsored Link

前立腺肥大症と前立腺炎は症状はどんな違いがあるか記事一覧

前立腺肥大症と前立腺炎、前立腺がんの違いとは

男性の更年期障害といわれる前立腺肥大症若い男性の前立腺は栗の実ほどの大きさで、そこから年を取るについてれ徐々に大きくなり、あまりに大きくなりすぎると前立腺内部を通る尿道を圧迫してしまい様々な症状を起こしてしまいます。これを前立腺肥大症と言います。前立腺肥大症の他に前立腺に発生する代表的な疾患としては...

≫続きを読む

前立腺肥大症のほかに前立腺に発生する代表的な疾患

前立腺肥大症の症状と治療前立腺は膀胱の下部、骨盤の奥深くにて尿道を指輪のように庇っており、精漿(せいしょう)を生産している男性の生殖器官です。すぐ後ろは精嚢があります。精漿の約60%は精嚢で、約30%は前立腺で、残りの5%程度は尿道で生産される分泌物で構成され、睾丸で生産される精子は精管を通って移動...

≫続きを読む