前立腺肥大症による排尿障害に効果的なノコギリヤシ

ノコギリヤシは前立腺肥大症による排尿障害に効果的

頻尿,初期症状

頻繁に尿を催す症状はしばしばトイレに行くようになって、
真夜中にも尿意のため何度も覚めるようになります。

 

水分を大量に摂取した場合など一過性であれば
問題ありませんが、毎日続く時は頻尿という症状と
なっていると言えるでしょう。

 

何かしらの病気が隠れていることがあるのでしっかりと
対処しなければなりません。

 

男性の場合50歳ごろから、真夜中に何度もトイレに
行きたくなったり、尿が一度にうまく出ない、尿が残って
いるような気がする、などの排尿障害が多くなります。

 

年をとるにつれ前立腺が肥大化し、それが尿道を
圧迫することがこれらの原因です。

 

女性の場合、最も多い頻尿の原因は膀胱炎です。

 

排尿時の痛み、尿が白く濁る、残尿感がある、
などの症状を伴います。

 

女性が膀胱炎にかかりやすいのは、男性に比べて
尿道が短くて肛門と尿道口の位置が近く、比較的容易に
雑菌が入ってしまうためです。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

性生活、クラミジア感染症などとの関係も指摘されています。

 

必要以上にトイレを我慢してしまうことも原因の一つです。

 

また、子宮筋腫などの病気が原因で頻尿になる場合も
ありますので、入念な検査が必要です。

 

 

更年期以降はエストロゲンが不足し膀胱が萎縮するので、
生理的にも頻尿になる傾向があります。

 

また年をかさねると、粘膜が薄くなって自浄力も低下するため、
膀胱炎が起こりやすくなります。

 

男女を問わず、糖尿病や腎不全などの病気で
頻尿になったりもします。

 

 

このように頻尿は、何かの病気の症状であることも多いので、
早めに検査し治療を受けたほうがいいでしょう。

 

また、冷たくなったり、緊張すると、病気でない人も
頻尿になる事があります。

 

前立腺肥大症による排尿障害には、ノコギリヤシから抽出した
サプリメントがよく使用されます。

 

ただ頻尿などの初期症状には効果がありますが、尿がスムーズに
排出されないなど、症状が悪化した場合は医師の治療を
受けなければなりません。

 

尿路感染や尿路結石の防止にはクランベリーが効果的です。

 

 

また、エキナセア、エルダーベリー、プロポリスには、免疫力を
増強の他、抗炎症作用もあります。

 

冷えや緊張で血流が悪くなっている場合は、体を温めたり、
リラックスさせることも必要です。

 

栄養では血液循環をよくするビタミンEを摂取するのが効果的です。
また山芋は、頻尿の特効薬といわれています。

Sponsored Link