前立腺肥大症患者のうち排尿障害で急性尿閉を発症する可能性

急性尿閉によって腎臓機能障害を起こす恐れのある前立腺肥大

前立腺肥大,急性尿閉,腎臓機能障害

新たな手術療法で前立腺肥大症を治療しましょう

 

前立腺が肥大化し、尿道を防いで、排尿が適切に
行えなくなる前立腺肥大症は、人間の最も基本的な
生理活動に障害を起こし、日常生活で
大きな不便を強いられます。

 

統計調査をみると、前立腺肥大症患者が年々
増加していることが確認できます。

 

肥大化した前立腺によって塞がれた尿道の姿です。
前立腺肥大症患者のうち排尿障害がある場合、
一般的には一日に少なくとも7回以上トイレに
行くようになってしまいます。

 

また急に排尿が行えないようになる急性尿閉によって、
腎臓機能障害を起こす恐れもあり、尿路感染が
伴う場合、膀胱結石などが合併症として発症する
可能性も高い疾患です。

 

従来の前立腺肥大症治療法では、薬物治療や
肥大化した前立腺を切断する前立腺切除術などが
行われてきました。

 

しかし、薬物治療の場合、望む効果が得られなかったり、
毎日薬物を服用しなければならないというデメリットがあり、
手術の場合、患者の負担が大きいだけでなく、尿失禁、
尿道狭窄症、逆行性射精、勃起不全などの深刻な
副作用が現れる場合がありました。

 

このように、発症すると大きな苦痛をともなう疾病である
前立腺肥大症を、切除を伴う手術なしに治療できる
新たな治療法があります。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

その方法は前立腺肥大症患者の尿道に簡単な
局所麻酔を施した後、植込み型のリングを埋め込んで
肥大化した前立腺組織を結びます。

 

結んだ組織が固定されれば、前立腺組織によって
詰まっていた尿道のスペースが広く確保され、尿の流れが
改善されるという原理です。

 

組織を結んだ前立腺肥大症患者の尿道です。
上の写真と比較して尿道スペースが確実に
広くなったことを確認することができます。

 

3Dグラフィック映像を通じて、
新しい治療法の原理を調べましょう。

 

この施術は既存の前立腺切除術とは違って、
全身麻酔なしで必要最低限の手術が行われるため、
治療後の勃起不全や尿失禁、尿道狭窄症、
性交の障害など深刻な副作用が
ほとんどないという長所があります。

 

尿道粘膜と前立腺組織を保存しながらも下部骨盤、
組織の損傷がほとんどないことが、相対的に副作用が
少ないことにつかながっており、これまでの
前立腺肥大症治療とは一線を画す治療法です。

 

またその他にも、全身麻酔ではなく局部麻酔のため、
高齢などで全身麻酔が難しかった患者にも行える
などのメリットもあります

 

この治療は、これからの前立腺肥大症治療の
重要な選択肢の一つとなってくるでしょう。

Sponsored Link