膀胱と腎臓に影響がある前立腺肥大症の放置

前立腺肥大症を長期間放置すると尿毒症のような致命的な合併症

前立腺肥大症,膀胱,腎臓

一般的に男者が35歳になると、前立腺が肥大化を
開始することが知られています。

 

そのため長い間生きることで、すべての男性が前立腺
肥大症患者になる可能性があると考えられています。

 

前立腺が大きくなるといってもその全てで問題が
起こるわけではなく、肥大化により膀胱下部の尿道における
尿閉や膀胱刺激症状が見られる場合にのみ、
前立腺肥大症患者となります。

 

前立腺肥大症を長期間放置すると膀胱と腎臓
ダメージを与えることがあり、ひどい場合は尿毒症のような
致命的な合併症が生じることもあります。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺肥大症は高齢層で多く発生し、60代の60%、
80代の80%が前立腺肥大症患者です。

 

前立腺肥大症にどのような症状があるかと、
その検査方法、治療法を紹介します。

 

男性だけの疾患、前立腺肥大症

 

その前立腺肥大症にどのような症状があるのか、
前立腺検査と前立腺の治療法と合わせて紹介します。

 

前立腺肥大症は、その言葉そのままに
前立腺が肥大化する疾患です。

 

前立腺は、性ホルモンと密接な関係があります。

 

年を取るにつれて前立腺が大きくなるため、尿度が圧迫され
排尿時いきむ必要があったり、尿の勢いが弱く、排尿後にも
残尿感を感じるなどの症状があります。

 

また、膀胱を刺激して頻繁に尿意をもよおし、
尿道が充血して排尿時に血が出る場合もあります。

 

前立腺肥大症の検査

 

病理検査または尿検査によって前立腺肥大症であるかどうかの
確認を行い、血液検査で全身的な異常かどうか、
前立腺癌の有無を知ることができます。

 

さらに精密検査では単純尿路撮影、排泄性尿路の
撮影で腎臓の形や膀胱の大きさの確認、前立腺生検
(肛門に超音波検査の機械を入れての検査)などが行われます。

 

治療は内科的療法と手術療法があります。

 

最近はいい薬が多く開発されており、患者の70%は
薬物投与で症状を改善させることが可能となっています。

 

最近よく使われる薬剤は前立腺、尿道と膀胱頸部の
緊張を緩和する作用のある
アルファ交感神経受容体遮断薬(ハイトリン)と、
前立腺自体の体積を減らす
5α還元酵素阻害薬(プロスカー)などです。

 

 

患者の約30%では手術をしますが、尿道から内視鏡を入れ
電気メスにより前立腺を小さくする方法の他にも、
最近は尿道から挿入したカテーテルからマイクロ波を照射し
前立腺組織を壊死させ縮小させる、などの方法で高齢の
患者でも安全に手術を受けることが出来るようになっています。

 

いずれにしても、前立腺肥大症治療の最も重要な目的は、
患者の症状と暮らしの質を改善させるところにあるといえます。

Sponsored Link

前立腺肥大症を長期間放置すると膀胱と腎臓にダメージ記事一覧

前立腺肥大症で急性尿閉によって腎臓機能障害を起こす

新たな手術療法で前立腺肥大症を治療しましょう前立腺が肥大化し、尿道を防いで、排尿が適切に行えなくなる前立腺肥大症は、人間の最も基本的な生理活動に障害を起こし、日常生活で大きな不便を強いられます。統計調査をみると、前立腺肥大症患者が年々増加していることが確認できます。肥大化した前立腺によって塞がれた尿...

≫続きを読む