前立腺肥大症としてホルモン治療で前立腺を元に戻す

豆腐のイソフラボンが前立腺肥大症にホルモン的効果

前立腺肥大症,ホルモン治療,豆腐

前立腺肥大症の治療としては、現在としては
ホルモン治療だけで一時的な治療が可能です。

 

前立腺の大きさを正常に戻すが、
しかし、簡単な食生活の調節だけでも自然に
症状緩和及び予防が可能といわれています。

 

豆腐はまさに、前立腺肥大症緩和及び
予防が可能な食材の一つです。

 

豆腐に含まれているイソフラボン
活性アンドロゲンの過度な、増加を抑制します。

 

現在知られいる前立腺肥大症の、発病原因としては
睾丸の老化、男性ホルモン等があげられます。

 

豆腐のイソフラボンは体内の、女性ホルモンを調節し、
女性ホルモンが多い場合は抑制をして、
足りない時は、補完する働きをします。

 

そのため、前立腺肥大症を予防し、症状を抑えることが
可能な代替治療剤として、豆腐を利用した
製品が注目を集めています。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

現在では前立腺肥大症として、ホルモン治療が
用いられているとかきましたが、これは前立腺が
男性ホルモンによる影響を、強く受けるためです。

 

その男性ホルモンをコントロールすることによって、
前立腺の大きさを正常に、戻すことができるためです。

 

しかしホルモン治療は、副作用の危険があり、
治療をやめれば、また症状が現れるようになるため、
完治が難しいとされています。
そのため豆腐等の食品を利用した自然治療を、
多くの人々が希望しています。

 

これからは豆腐を使った料理を、積極的に
摂取するようにしてはいかがでしょうか?

 

豆腐で健康な日々お送りましょう。

 

膀胱の排出障害を示す下部尿路の症状で前立腺肥大症を定義

 

前立腺肥大症は、以前は、前立腺が肥大化して、
膀胱下部の尿道を圧迫、閉塞を起こし、尿の流れに
何らかの問題が出た状態だけで、定義をされていました。

 

最近は前記の定義や概念で説明するには
疾病の病態生理がとても複雑になっており、
50歳以上の男性が1日8回以上トイレにいく頻尿、
夜間頻尿、強く突然の尿意、などの膀胱における
蓄尿の症状と、排尿に時間が掛かる、
残尿感、排尿時力をいれていきむ必要がある現象など
膀胱の排出障害を示す症状を通称した
下部尿路の症状で前立腺肥大症を定義しています。

 

先立って説明したことのように、頻繁に尿意を催したり、
急に尿意を催したり、排尿が途中で止まったり、
排尿が終わっても尿が残っているように感じる、
などの症状がみられます。

 

現代社会になり、前立腺肥大症患者たちは
継続して増える傾向にあります。

Sponsored Link