前立腺肥大はDHTに転換させる5αリダクターゼ酵素が原因

DHTに転換させる5αリダクターゼ酵素が前立腺肥大の原因

テストステロン,DHT,5αリダクターゼ酵素

米国の有名な学者であるジョン・リー(John Lee)博士によると、
前立腺肥大などの前立腺疾患が発生する要因は、前立腺と
毛包中にあるテストステロンをDHTに転換させる
5αリダクターゼ酵素である、とのことです。

 

毛包中の基準値以上のDHT数値は
男性型脱毛症の主原因でもあります。

 

 

またDHTは前立腺細胞の増殖を促進して前立腺肥大
尿道狭窄症など排尿障害現象を起こします。

 

さらに、DHT増加は前立腺がんの原因の
一つとも推定されています。

 

テストステロンのDHTへの転換は5αリダクターゼ酵素によって
促進され、この酵素の活動はプロゲステロンによって抑制されます。

 

テストステロンは、実際に前立腺がんを防止する反面、
DHTはエストラジオールの増加が誘発する
発ガン作用を防止しません。

 

天然プロゲステロンは5αリダクターゼ酵素の
適切な抑制をによって、前立腺細胞の増殖を促進する
テストステロンのDHTへの転換を防ぐ役割をしています。

 

またプロゲステロンは、ガン予防遺伝子p53の活動を刺激し、
テストステロンの前の物質としてテストステロン数値を
正常に維持させることから、性欲の増強に非常に効果的です。

 

男性が年をとることによって、エストロゲンが増加すると
いうことは多くの研究から得られた共通の結果です。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

エストロゲン数値は特に肥満高齢者において増大しやすい

 

肥満細胞がテストステロンとアンドロステンジオンをエストロゲンに
変化させることで、前立腺肥大化を促進するためです。

 

したがって、肥満男性はエストロゲン数値が上がるようになり、
前立腺肥大症が悪化しやすくなります。

 

テストステロン数値が正常である中年男性であっても、
エストロゲン数値が高くなると、体重増加、胸囲の発育、
胆嚢の異常、焦燥感、不眠症、前立腺肥大症による
排尿問題などが生じる恐れがあります。

 

手術は危険な面があり、人工合成薬は副作用が多い

 

前立腺肥大症を治療する方法場合、現代の医学では
手術をしたり、プロスカー(Prosca)のような
人工合成薬品を使用したりします。

 

しかし、手術は危険な面があり、人工合成薬は副作用が
多いというデメリットがあるため、 最近は副作用が全くない
自然的な方法で治癒する人たちがだんだん増えて来ています。

 

前立腺の作用と活動はほとんどホルモンによって決まり、
睾丸で作られるエストロゲン、プロゲステロンおよび
テストステロンなどがそれにあたります。

 

 

このような活動は女性における卵巣の作用と同様に
脳下垂体ホルモン、特に卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモン
によって間接的に調整を受けています。

 

前立腺と子宮は同一の胎児の細胞で発達し、エストロゲン、
プロゲステロンおよびテストステロンなどに反応を示します。

 

前立腺と毛包中にはテストステロンをDHTに転換させる酵素があります。

 

したがって、テストステロンがDHTに転換されることを抑制することが、
前立腺患者の診療の重要な目標になります。

 

この酵素を抑制するための薬もありますが、それより安全な天然の
プロゲステロンを利用するのが最も効果的でしょう。

 

 

現在も研究が引き続き進行中ですが、一部の植物が前立腺疾患に
確実な効果があるというのが立証されています。

 

一般販売されている前立腺疾患用自然治癒製品には、
これら植物の成分が主要成分として入っています。

 

男性とテストステロンの関係

 

男性の場合、年を取るほどであるエストロゲン数値は増えていく反面、
プロゲステロンとテストステロン数値は減少します。

 

その結果、体重の増加、胸部位の拡大、前立腺の拡大、
そしてまれに前立腺癌を誘発などが起こります。

 

エストロゲン・ドミナンス(Estrogen Dominance)とテストステロンの減少が、
前立腺がん発症に重要な要素だという研究結果は増え続けています。

Sponsored Link

テストステロンをDHTに転換させる5αリダクターゼ酵素記事一覧

前立腺肥大症に豆腐のイソフラボンがホルモン治療的効果

前立腺肥大症の治療としては、現在としてはホルモン治療だけで一時的な治療が可能です。前立腺の大きさを正常に戻すが、しかし、簡単な食生活の調節だけでも自然に症状緩和及び予防が可能といわれています。豆腐はまさに、前立腺肥大症緩和及び予防が可能な食材の一つです。豆腐に含まれているイソフラボンは活性アンドロゲ...

≫続きを読む