結節が形成され結節肥大がおきると前立腺肥大症

結節肥大がおきると前立腺肥大症と診断される

前立腺,結節肥大

前立腺は膀胱の下に位置し、尿道を取り囲んでいる
クリの実ほどの大きさの器官です。

 

50歳以上であれば、腺組織と周囲の繊維組織に
増殖が起き、小結節が形成され、その結果肥大化し、
尿道を圧迫するようになります。

 

このような結節性の肥大は70歳以上男性の
ほとんどで現れます。

 

症状は排尿をする時に不快感と圧迫感がある、
頻繁に尿意をもよおす、残尿感が生じる、などです。

 

症状が悪化すれば排尿が困難になり、力を入れて
いきむようになって、それが原因でひどい場合は
痔・脱肛などが起こる場合もあります。

 

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

前立腺肥大症は、ホルモンの他に血液循環に
なんらかの問題が生じて結節が形成されるものです。

 

したがってホルモンを調節して血液循環を改善させる
ことが結節を減らす最適な方法です。

 

東洋人は、欧米人に比べて、前立腺肥大症
発生頻度が低いものとされています。

 

しかし、最近は平均寿命の延長と生活習慣の西欧化から、
アジア圏でも発生頻度が大きく増加しているのが現状です。

 

前立腺肥大症のホルモンと血液循環の問題ツボの指圧

 

前立腺、膀胱、腎臓などに効果があるとされる部位を
10〜30秒、交互に刺激するのを30〜40分程度、
毎日繰り返すことで症状の改善が見られるでしょう。
鍼治療なども効果的です。

 

ひどい前立腺の結節肥大を改善するためには、
2〜3ヵ月ほど続ける必要がありますが、
軽い前立腺肥大症であれば数日行うことで
症状が解消されることもあります。

 

また早期治療を目指すのであれば合わせて
足裏マッサージを行うことも効果的です。

 

こちらも毎日30〜40分程度おこなうのが良いでしょう。
また過労とストレスを極力減らすようにすることも、
完治への近道となります。

Sponsored Link