前立腺肥大症予防法は原因を知ることから

前立腺肥大症の原因を知り予防する

前立腺肥大症 原因 予防

年配の男性たちの多くが経験している、
前立腺肥大症の予防法を調べてみましょう。

 

まず前立腺肥大症とはなんでしょう?

 

若い男性の前立腺はクリの実ほどの大きさで、
精子の一成分を生成していており、年齢重ねるほど
徐々に大きくなって行きます。

 

その徐々に大きくなる影響で、中年を越えるようになると
前立腺内部を通る尿道を圧迫して、
排尿障害を起こしてしまいます。

 

前立腺肥大症の原因は何か?

 

まだメカニズムは明確になっていませんが、
老化、遺伝的要因がよくあげられます。

 

家族の中で、わずかでも前立腺肥大症にかかった人が
いるようであれば、定期検診を行うなどして、
これを予防しなければなりません。

 

 

前立腺の成長には男性ホルモンが深くかかわっています。
男性ホルモンは前立腺内の細胞分裂、増殖に関与する
成長因子を調節しますが、同時に
細胞の変化を招くこともあります。

 

年を取るほど性ホルモンの変化がおこり、不均衡を作るためです。

 

多くの疾病の発症原因は、その発症原因を把握しておらず
その予防を行っていないことにあります。

 

前立腺肥大症は年齢によって大きくなる前立腺が、
膀胱出口をふさいで様々な排尿障害を起こす病気です。

 

50歳以上男性のうちに50%が前立腺肥大症に関連する
症状を経験しています。

 

前立腺を誘発する原因、習慣などを調べてみましょう。

 

前立腺肥大症を誘発する原因!!

 

前立腺肥大症を誘発する原因、肥満

 

肥満度が増加すればするほど、前立腺の大きさは
大きくなり、脂肪組織の量が多くなるほど、
前立腺の大きさは大きくなります。

 

前立腺癌で前立腺切除術を受けた患者を
分析した結果、手術前の肥満度が1ずつ増加するに
したがい、比例して手術後摘出された前立腺組織の
重さは0.45gずつ増加しており、このことからも
肥満と前立腺の大きさは比例することが明らかです。

 

また、西欧化された食習慣によって肥満は悪化しかねず
これら食習慣にも注意するようにしましょう。

 

野菜の成分には抗ホルモン効果があり、
前立腺肥大症予防を補助しますので
積極的にとることをおすすめします。

 

前立腺肥大症を誘発する原因、糖尿病

 

糖尿病はインスリンの分泌障害やインスリンの
抵抗性によって身体に異常がでる症状を言います。

 

様々な研究により、糖尿病によってインシュリンの血中濃度
と空腹時血糖が増加するほど前立腺の肥大化が進み、
前立腺肥大症の症状が表れる確率が
増加することが科学的に証明されています。

 

また、糖尿病は合併症として排尿障害を招き、膀胱の
感覚神経を損傷させ膀胱の収縮力を弱くし、
前立腺肥大症とともに膀胱の機能異常を招きます。

 

前立腺肥大症を誘発する原因、性生活関係

 

性交を定期的に行わない、自衛行為を我慢する、なども
やはり前立腺の健康にとっては良くありません。

 

前立腺を健康に保つためには適切な性生活、
性習慣を維持する必要があります。

 

前立腺の健康にいい料理、そして下半身運動などで
地道に行うことで、前立腺肥大症は予防することができます。

 

前立腺肥大症の予防体操!!

 

日頃からの定期的な運動は、前立腺肥大症の予防に
効果的ですが、前立腺肥大症対策に特別役立つ
運動としてはケーゲル運動があげられます。

 

方法:尿が出た後、1-2秒尿を止め、その後開放する運動を
、一度排尿でに20回ずつ、1日3回ぐらいするのが理想的ですので、
トイレにいる時にも出来る運動ととらえ、
チャレンジすることをおすすめします。

 

慣れれば運動強度を少し高めて、尿を出すイメージで5秒かけて
PC筋肉(肛門周辺の筋肉)を締め付けた後、5秒間停止し、
その後徐々に5秒間かけて緩める事を繰り返せば良いでしょう。

あなたのサプリメントは大丈夫ですか?

>>前立腺疾患予防するサプリメントの選び方とは?

 

Sponsored Link